# 競技プログラミングにハマっている話

去年の春頃からやっています。このサイトを作ってからは「Prog」という項目に解いた形跡を残すようにしています。

国内ではおそらく最大手の競技プログラミングサイトAtcoder

https://atcoder.jp/ (opens new window)

ここでは基本的に毎週土日のどこかでコンテストが開かれています。コンテストというのはテストのようなもので、限られた時間の中でより多くの問題を解けば高い点数が取れてえらい、というものになっています。

注目すべきはレートシステム。コンテストで好成績を出せばレートは上がり、逆に調子が良くない場合はレートが下がり、己の実力が数字として表れます。

「レート」は悪魔の言葉。レートを上げるためにストレスと達成感の狭間で時間を溶かしたゲーマーも多いはず。このシステムって悪く言うと麻薬みたいなもので本当に中毒性高いです(もちろん人によりますが)。

私のAtCoderのレートは良くも悪くも1,000前後で安定しています。1,200に行きたいのですがなかなかいけず。成長できていないという現実を突きつけられているようでちょっとだけ悩んでいたりしています。もう少し体系立てて勉強しないといけないなと思って真剣に本を読んだり対策を打ったりして実力をつけようかなと。これもう半分なにかの試験勉強だよな…

まあでも面白い。最近できた趣味でも夢中度は高いです。これは冗談ではなくスマブラと同じくらいの面白さはあります。ただスマブラと違ってツイートでばんばん語るものでも無いのでこうやってひっそりと楽しんでいるという感じです。

Last Updated: 2020/08/18 23:38