# 終わりの時間に終わらないようにする

土日は勉強がはかどりました。だけどベッドに入るまでぶっ続けにやってしまい、やったことを記録するのを怠ってしまいました。反省。

勉強している間あるいは終わった後は全能感や達成感が得られて良いのですが、忘却曲線に従って一気に忘れちゃいますから、きちんとどこかに残しておくのが必要なのです。

これと似たことが仕事でもあったのを思い出しました。

定時っていう概念がたぶんあると思うのですが、これも定時ぴったりに仕事を終わらせるのではなく、定時ちょい前に切り上げて定時には会社から脱出するのが本来正しいと思うんだよな。雰囲気とか風潮とかあるかもしれないけど、今週はそこを打破するような意識を持っていこう(定時に帰れるとは言ってない)。

土日に話を戻して。ベッドに入ってからはひたすら古のインターネットコンテンツについて漁っていました。大体2010年前後のコンテンツです。十年ひと昔ってやつですね。懐かしいのなんのって。

https://youtu.be/0MW4al7G0F4

Twitterにも貼ったけどこの動画なんかとても良きでした。Vtuberという新しい人がやっているのもまたエモですね。まあでもVtuberも中の人は時代を生きてきた人間なわけで。その方からふと懐かしさを感じる話題が出ると嬉しくなります。10代設定なのにポロっと90年代の香りが出ることがある場面…ああいうのも好きですねえ😂

懐古状態な土日でした。考えてみれば音楽も最近は固定のものしか聴いてない。μ'sだったりプリパラだったり。同シリーズで新しいものも聴いているのに気づけばそこに落ち着いてしまいます。決して新しいのが嫌いってわけではなくそこの居心地が良いというか。だけどこれもいきすぎると老害になっちゃうので好奇心と探究心は大事だと思いました。

Last Updated: 2020/07/26 12:54